自然気胸とはどういった病気?症状?!

2017年4月6日

自然気胸とは、肺付近の一部にいつの間にか穴があいてしまい、そこから空気がもれ圧迫され肺が縮まっていきます。
正確にはブラという悪いやつが関係しているのですが、そこを知ったところでどうしようもないのが現実…

肺が小さくなってしまうことで、呼吸がしづらくなり、胸に痛みを感じ、圧迫感が起こります。

自然気胸ってどんな病気?

ひどい症状になると、歩くだけでも息があがり胸に痛みを感じたり、咳が止まらなくなり話すのもままならない状態になります。

私は一度、肺がかなりギュギュッと圧迫されて話すだけで咳が出てむせてしまい、ろくに話せなかった時期がありました。
気合入れればちょっとした会話はできたかな。。(あの時はヤバかったかも…)

外見上は、まったく変わらないため他人にはわかりずらく、なった本人しか感じ取ることはできないのもこの病気の特徴です。


PAGE TOP