自然気胸 入院期間はどれくらい?

2017年4月1日

自然気胸で入院した場合、期間は症状や状態によってさまざまだと思います。
軽い症状で入院した場合、おそらく絶対安静にして様子をみることになるかと思います。

アンティークな時計

安静後、肺の穴が塞がり肺が元の状態に戻れば退院できる確率が高いと思います。(その後、ある程度の通院は必要だと思います)

逆に、症状が重く、肺が小さくなっている場合は管を入れて、肺を正常に戻すところから始まりますので時間がかかると思います。
(管を入れてたまった空気を出し、肺を通常の大きさに戻すんですね。苦しい方はこれをやるだけでも楽に呼吸ができるようになるはずです)

また手術もする場合は検査や準備などにも数日かかりますし、手術後の経過もありますのでその分、退院までの期間が長くなります。
私の場合は1ヶ月ちょいくらいだったと思います。

退院後は、すぐに今まで通りの生活が送れる?かというと、そういうわけではありません。
初めのうちは胸に違和感もありますし、抜糸がこれからの場合は傷口の消毒なども定期的に病院に行っておこなう必要があります。

あくまで自分の体験談からのお話ですので、冒頭でお話している通り「症状や状態がどの程度進んでいるのか」によって治療方法も入院期間も異なります。

早い段階で手術を自ら進んでお願いした場合はそれだけ早く退院できると思いますし、逆に症状が軽ければ入院することなく自宅休養などになると思います。


PAGE TOP