ちょっとヤバイかも。自然気胸で今までに一番危険と思った3つの瞬間

2017年4月1日

前回の「自然気胸 病院に行く前に一旦様子を見てみる」続きとなりますが、病院に行かず様子をみる(自然治療)ことにした私。
今までは、しばらく安静にしていると自然気胸の回復が見られていたのですが、今回は違いました。

3kiken
今までにないくらい悪化し「あ、ちょっとマズイかな?」と思うほど悪い状態だったのです。
こんな話を病院の医師に話したら「なんでそこまで放置していたんですか!」なんて怒られると思います(焦)

呼吸がしづらく焦った

今までは、大人しくしていれば息苦しいということはあまりなく、動いたりすると息切れを感じる程度だったのですが、
今回は、何もしなくても呼吸が乱れがちになり、呼吸をするたびに「ぜぇぜぇ」違和感を感じました。

胸の痛みも強くなった

私は何度も自然気胸で再発してしまっているので、胸の痛みも軽いものならさほど気にすることがありませんでしたが、
その時に限っては、痛みの強さもそうでしたが感じる頻度も多く「あれ?こりゃあマズイかな」と思いました。

お風呂の湯船の中に浸かれなくなった

お風呂で湯船に入ると疲れもとれる、なんてよく聞く話しです。
私も冬場は特にゆっくりと湯船に入り(体のためにも)、就寝するようにしていました。
そんな湯船に入る行為もできなくなりました。

湯船に肩まで浸かると、苦しくて耐えられない感じになるのです。
胸が圧迫され呼吸がさらにできずらい感じになりました。
この時「ちょっとヤバイかも。。」と焦ったのを覚えています。

ここまで淡々とお話させて頂きましたが、この緊迫感は文字だけだと伝わりづらいものがありますね。
正直この時はかなり焦りました


PAGE TOP