自然治療で気胸完治。その後の経過について

2017年4月6日

前回の「気胸を自然治療で治るのか!?安静にした結果は。。」の続きです。
絶対安静をとることで、肺の穴が塞がり、手術せずに自然気胸を完治できたわけですが、今後の経過が気になるところです。

前回もお話した通り、再発率がどうなのかという部分ですね。
ただ、気にしすぎても身体に良くないので、出来るだけ安静にしながらも、あまり考えないようにし日々過ごしていました。

健康あっての幸せ

そして、数ヶ月、半年、1年と経過し問題なく過ごせていました。
(この頃はちょうど20代前半くらいだったと思います)
半年くらい過ぎて、なんともないと気胸のことを忘れるくらい、違うことを考えたり別のことに集中することができました。

以前の私には考えられないですね。
何かあるごとに身体(肺)のことを気にかけていた時期がウソのようでした。
やはり健康あっての幸せだと実感しました。
健康でないと、何もできませんからね。。

そんなことを思いつつ、普通の生活を送っていたのも束の間、

「マジか!?」

と思うような出来事が起こりました。

次回に続く。

にほんブログ村 病気ブログ 肺・気管支の病気へ


PAGE TOP