自然気胸の手術を決意 初めては高校生の時でした。

2017年4月6日

管を左胸に入れて、しばらく様子を見ていました。
一週間~二週間くらいだったかな。
経過はというと、若干楽になり、呼吸も管を入れる前よりはしやすくなりました。

肺がどれだけ膨らんでいるかレントゲンも定期的にとりました。
ただ、原因となっている(穴が開いているところ)部分は閉じる気配もなく、何日か様子を見ていました。

自然肺気胸 手術を決める

自然気胸の場合、自然に穴がふさがる場合もあるようです。

数日後、医師から手術をすすめられました。
このまま自然に穴が閉じるのを待つという手もあるが、再発する恐れがあるので、手術をしてしっかり治したほうが良いということでした。

私は手術というものを、今までしたことがなかったので(当時17歳だったかな)不安もありましたし、自然に治る可能性もあるならそれに越したことはないと思っていました。

ただ、手術をすれば、

「再発する確率はほとんどない」

という言葉を医師からいただき、
また、家族とも話し合い、今後のことも考えた上で手術をすることを決意しました。


PAGE TOP