自然肺気胸 左胸の手術 オペ時間は短かったです。

2017年4月6日

左気胸を手術すると決意し、担当の医師と話して、5日後に手術する日が決まりました。
手術前の準備はというと、前日から何も食べないようにし、浣腸をしてお腹の中を空っぽにして毛の処理が行われました。

毛の処理は具体的にお話すると、手術する側(この時左側)の脇の毛や胸毛など、ようは手術で切る部分&周辺を剃られるといったイメージです。

カミソリ

何もかもが初めての経験だったので、ひとつひとつ緊張しました。

早くお風呂に・・

話は変わりますが、この時点で2週間くらいだったかな、お風呂に入れていなかった。。
頭も痒かったし、每日タオルで拭いているとはいえ、体臭などもあったかと思います。
病気だから仕方ないと言えばそれまでですが、早くお風呂に入りたいとすごく思っていました。

手術をする前夜は中々寝れなかったのを覚えています。

10秒もしないうちに意識が

手術当日、家族に見守られながら手術室に向かいました。
手術室に入ると数名の人達がいて、少しすると全身麻酔をされました。
10秒もしないうちに意識がなくなったと思います。



気付くと大声で名前を呼ばれながら、頬をビンタされていました。(今思うと、ビンタされすぎw)

全身麻酔後のビンタ

全身麻酔の影響もあり手術後も中々起きれない人もいるため、そういった方法でしっかり意識があることを確認するのだと思われます。
(このあたりは医者ではないので確かなことはいえませんが)

目覚めた私が思ったことは、

「うるさいな。。そんなに打たなくても」

ということと、体の異変でした。

尿道に管が!?

まず、すごくダルかったのを覚えています。
それから、左胸に入っていた管が抜けていました。
そして、尿道におしっこの管が入っていました(今度はこっちかい!)

胸の痛みはというと、手術後すぐということもあり、やはり痛みはありました。
胸が重い感じ、圧迫感みたいなものも感じられました。
傷の痛みもあり、呼吸しずらかったのを覚えています。

ちなみに、手術自体は難しいものではないようなので、小さく切り(3箇所)、そこから器具などを使い行うようです。
胸腔鏡下手術というやつですね。
手術時間は1~2時間程度だったかと思います。


PAGE TOP