自然肺気胸 手術後(退院)サッカーに復帰しました。

2017年4月6日

前回の続きです。
自然気胸の手術後、ジムに通い順調に体作りをした私は、健康になったらずっとやりたいと思っていた「サッカー」にチャレンジしました。

元々、中学校からサッカーをしていた私ですが、高校では部活動ではなく、社会人サークル的なところに入ってプレイしていました。
自然肺気胸になって、そこからサークルにいけなくなったわけです。

社会人サークルの中には、私の友達が在籍しており、体調が良くなって完治したら「いつでもサッカーしにきていいよ」と誘ってくれていました。

自然肺気胸 手術後にサッカー

そういったこともあり、サッカー復帰したくてスポーツジムで基礎体力を戻していたわけです。
(体力が落ちるのは早いけど、戻すのには時間がかかります・・・)

久しぶりにサッカーをしに行ったわけですが、皆さん温かくむかえてくれました。
私が自然肺気胸になっていたことは、一部の人しか知らなかった為、そこまで気を使わずに参加できました。

サッカーは、やったことのある方ならわかると思いますが、めちゃ動くスポーツです。
なので、肺にもすごく負担がかかります。
それもわかっていたので、久しぶりということもあり、軽めにプレイしました。

ミニゲームなどになるとやはり自分のペースだけでは思うように運べず、どうしてもゲーム内容によっては無理をせざるを得ない状況になってしまいます。
そういった時は、やはり気胸をなる前とは違い、胸が重い感じというか肺が圧迫されるような感じになる。。

うまく言葉では表現しずらいですが、

「大丈夫か?俺」

と、ちょっと不安になりました。

サッカーする頻度はというと、週に2回程度でした。
内容は基礎練習からミニゲーム、試合という感じです。
徐々にプレイ中の胸の違和感もなくなり、ミニゲームも普通にでき、たまにフルコートでの試合も出れるようになりました。
私はサッカーをするのが好きだったのですごく楽しかったです。

そして、この「楽しい時間に終わりが来る」とは思いもしませんでした。。


PAGE TOP